World Sweets

高級チョコ、カフェタッセのビターチョコレートをレビューしてみます

こんにちは、ごきげんよう!

今回はベルギーのチョコレートブランド「カフェタッセ」のビターチョコレートのレビューをしてみたいと思います。

 

 

カフェタッセとは

Café-Tasse(カフェタッセ)」というチョコレートブランドをご存知でしょうか?

・・なんて書いている私が、今回初めて知りました。

なにせ、チョコレートブランドって、本当にたくさんあるものですから。

 

カフェタッセは1988年にベルギーで設立された、高級チョコレートブランドで、

そういったブランドにしては歴史はまだ浅いですが、味は折り紙付きで、世界中のチョコレートloverが同社をリスペクトしているそう。

なんで「カフェ」なのかと言うと、コーヒーとの相性を第一に考えて作られているからであり、

「カフェタッセ」の意味は、フランス語で「コーヒーカップ」らしいです。

 

カフェタッセ

 

このように、パッケージにはゴージャス感があり、

食べずにテーブルの上に置いておいて、眺めているだけでも幸せになれそう。

なんというか、高級感がヒシヒシと感じますよね。

 

サイズは食べきりサイズという感じで、縦約10センチ、横約3センチの、カバンにすっぽり入るサイズ。

お値段は約300円と、大きさにしてはお値段は張りますが、

買って帰って、一人で見栄を張るのにちょうどよい見た目かと。

 

 

ちなみにベルギーのチョコレート高品質で有名ですが、他の国のチョコレートと比べて何が違うのでしょう。

低品質チョコレートと一緒になるのを防ぐために、欧州連合の法律で厳しく制限され、

最低35%の純粋なカカオが入っていることが条件にしています。

またチョコレートの精製、コンチングなどもベルギー国内で行われる必要があり、

もし日本のメーカーが自社の製品を「ベルギーチョコレートである」と謳うには、カカオがチョコレートになるまで、ベルギー国内で作られている必要があるということです。

 

 

レビュー

先程もお見せしましたが、パッケージはと言うと・・

 

カフェタッセ

 

このように、小さいながらも高級感があります。

加えて分厚いので、インゴットを持っているかのような感覚を受けます。

 

カフェタッセ

 

こちらが中身。

なんだか表面がテラテラしていて、金属の塊に見えてきます。

やっぱりこれはチョコレートではなく、金塊なんでしょうか。

はたまた建築資材なんでしょうか。

 

 

 

では早速食べてみると・・・これは美味しい!

とにかく濃厚なチョコレートで、上質なカカオの味を直で感じられるチョコレートです。

 

私はこれまでに、色々なチョコレートをレビューしていきましたが、こうやって色々食べ比べてみると、各々の味の違いがはっきりとわかる。

私は高級チョコレートの味を比較するときに、よく「リンツ」のチョコレートを引き合いに出すのですが、

リンツは味に変化があり、酸味から苦味に変わるとか、フルーツ感であるとか、色々な表現をするのですが、

それらを備えていることが、必ずしも美味しいチョコレートの条件とは限りません。

 

このカフェタッセのビターチョコレートには、「リンツ」のような、顕著な味の変化は感じられませんが、

ひたすらまろやかで、滑らかで優しくとろけ、ずっと口の中に留まります。

そこに「リンツ」のような、口の中で踊るような酸味ほぼありませんが、

選ばれたチョコレートであることを正当化出来る魅力をたたえています。

 

 

 

いや、これは美味しい。

コーヒーに合う味というのはよく分かりませんが、このひたすら滑らかで優しい味は、

コーヒーの苦さや強さの対比として、とてもマッチするのではないでしょうか。

 

バクラヴァを通販で買う時に気を付ける点について

トルコ・中東のスイーツ専門店|World Sweets

World Sweets

トルコをはじめ、中東・中央アジア周辺のお菓子をメインに、世界中のスイーツを輸入販売しております。バクラヴァやロクムなど、日本ではまだ取り扱いが少ない海外の伝統菓子は、ご自宅用はもちろん、ギフトなどの贈答用としてもおすすめです。「家庭に現地の風を」を合言葉に、「味」と「感じる」をお届けいたします。是非一度ご賞味ください。

屋号 FAR EAST TRADING
住所 〒066-0066
北海道千歳市大和1-9-17プルミエール203
営業時間 12時~18時
定休日 土・日・祝
代表者名 伊藤
E-mail info@far-east-trading.jp

コメントは受け付けていません。

営業時間 / 12時~18時
定休日 / 土・日・祝