World Sweets

甘いものを食べるとなぜ太るの?甘いものが脂肪になる仕組みとは

「最近甘いもの食べすぎて太っちゃった・・」

 

ということもあると思います。

 

あれ?太るといえば「脂肪の摂りすぎ」な気がするのに、

 

どうして甘いものを食べ過ぎたら太るのでしょう?

 

その訳を、今日はご説明したいと思います。

 

 

甘いものが脂肪になる理由

脂肪

 

甘いものの食べ過ぎは、肥満の原因の一つです。

 

しかし、糖質は身体のエネルギーとなり、脳のエネルギーともなります。

 

なぜ糖質の摂りすぎは太るのでしょう?

 

 

 

身体が糖質をエネルギーとする仕組み

矢印

 

糖質を摂取すると、血糖値が上昇します。

 

血糖値が上昇すると、すい臓から血糖値を下げる「インスリン」というホルモンが分泌され、

 

血糖値が下がると同時に、インスリンは糖質を血液中に糖質を取り込むよう指示します。

 

そうしたインスリンの働きによって、糖質は血液中に取り込まれ、身体が活動するためのエネルギーとなります。

 

 

ダイエットに気がかりな糖質ですが、実は体にとって非常に大切なエネルギー源なのです。

 

 

 

糖質が脂肪になる仕組み

コーラ

 

糖質はインスリンによって血液中に取り込まれることによって、身体のエネルギーとなりますが、

 

糖質を摂りすぎた場合、余ることがあります。

 

 

糖質が余った場合にもインスリンは働きます。

 

インスリンには「血糖値を下げる」「血糖を血液に送る」以外にも、

 

「余った糖質を脂肪へと変える」役割があり、余分な糖質は中性脂肪へと変わります。

 

 

中性脂肪は備蓄エネルギーにもなり、衝撃から内臓を守る役割があるため、悪者だとは言い切れませんが、

 

ダイエットに気を遣う方にとって、中性脂肪はいいものではありません。

 

これが糖質=太ると言われる理由で、摂りすぎた糖質が脂肪へと変わる理由です。

 

参照:甘いもの好きにとって糖尿病は怖い!甘いもの好きが糖尿病を避けるためには?

 

 

太らないためにはどうしたら?

むくみ

 

以上のことから、

 

血糖値を上げすぎる=太る、

 

血糖値を上げない=太らない、となるため、

 

糖質を摂りすぎないこと、そして血糖値を急激に上げないことが重要です。

 

 

炭水化物ばかり摂らない

食事

 

炭水化物は糖質の一種です。

 

炭水化物を食べる事で血糖値は上昇するので、炭水化物をいっぺんに食べるのは良くありません。

 

タンパク質、脂質などを一緒に食べて、血糖値の上昇を抑えましょう。

 

 

食物繊維を多く含むものを食べる

ヘルシー

 

食物繊維は糖の吸収を遅くし、血糖値の急激な上昇を抑えます。

 

 

食物繊維は胃に長くとどまるので、

 

胃に入った食物はかさが増え、ゆっくり腸へ移動していき、血糖値の急上昇を抑えると言われています。

 

食物繊維は野菜類、豆類、アーモンド、ピスタチオ、落花生などのナッツ類に多く含まれます。

 

 

運動をする

スポーツ

 

運動をすると、血液中の血糖が筋肉に取り込まれ、血糖値が下がります。

 

 

運動不足な人は血糖値も上がりがちです。

 

有酸素運動や無酸素運動を取り入れましょう。

 

 

 

肥満にならないためには日々の習慣の改善を!

 

肥満や血糖値の上昇は、何を食べたかよりも、日々の習慣の改善にかかっています。

 

ご自分の生活を見直し、健康な体を目指していきましょう。

関連情報

トルコ・中東のスイーツ専門店|World Sweets

World Sweets

トルコをはじめ、中東・中央アジア周辺のお菓子をメインに、世界中のスイーツを輸入販売しております。バクラヴァやロクムなど、日本ではまだ取り扱いが少ない海外の伝統菓子は、ご自宅用はもちろん、ギフトなどの贈答用としてもおすすめです。「家庭に現地の風を」を合言葉に、「味」と「感じる」をお届けいたします。是非一度ご賞味ください。

屋号 FAR EAST TRADING
住所 〒066-0066
北海道千歳市大和1-9-17プルミエール203
営業時間 12時~18時
定休日 土・日・祝
代表者名 伊藤
E-mail info@far-east-trading.jp

コメントは受け付けていません。

営業時間 / 12時~18時
定休日 / 土・日・祝