World Sweets

ロイズのナッティバーチョコレートを食べてみた

こんにちは、ごきげんよう!

今回はロイズの「ナッティバーチョコレート」を食べてみたので、レビューしてみたいと思います。

 

 

ロイズとは

今や北海道の代表的菓子ブランドのロイズ。

その品揃えの豊富さ、クオリティの高さは他を寄せ付けません。

 

ロイズ

 

ロイズは「本場ヨーロッパに負けないチョコレートを北海道で」という創業者の信念のもと、1983年に札幌で創業したチョコレートブランドで、商品の人気とともに徐々に店舗・工場を拡大。

現在ではコロンビアに自社農場を持つまで成長した、北海道の巨大ブランドです。

 

ロイズと言えば有名なのは「生チョコレート」で、アレが出たのは私が小学生くらいだったころ。

「チョコレートの生って何だよ?!」

今や”生”と冠する商品は多々あれど、当時にしてみれば”生”商品は多くなく、というかむしろ初だったのではないでしょうか。

ですので、”生”の意味が私にはわからなかったのです。

 

ですので、最初に生チョコレートを食べたときは、自分の中の当たり前のチョコレート像とは何もかも違っていたので、

青天の霹靂というか、チョコレートへの価値観がガラッと変わったのを覚えています。

その時の驚きは今は無くなり、

今や私にとってロイズの生チョコレートは大好物であるとともに、自分の価値観を変えてくれた偉大で、尊敬すべき存在であります。

 

 

その生チョコレートの人気を皮切りに、ロイズはヒット商品を連発。

ピュアチョコレート、バトンクッキー、ポテトチップチョコレートなど。

ポテトチップチョコがまた美味しいんだ・・・

 

ポテトチップにチョコレートをコーティングするなんて、最初は「アホか!」と思いましたけど、

アホだったのは誰でもない、自分でした。

ロイズは時代を先取りして、すべての人に、その味をわからせてしまう、そんな偉大なブランドなのです。

 

 

ロイズのナッティバーチョコレート

こちらが今回レビューするバーチョコレート。

ロイズの商品の中でも人気の商品です。

 

バーチョコレート

 

バーチョコレートは現在5種類が展開されており、ピスタチオ、ナッティ&フルーツ、フルーツ、抹茶、ナッツと、すべて魅力的なので、どれにするか迷うところです。

今回私は、とりあえずベーシックなものを選んで、ロイズのチョコレートのクオリティを見たいと思い、「ナッツ」を選びました。

 

「ナッツ」はなんとなく味の想像がついて、「こんなもんか」で終わりそうですが、

常に期待や想像の上を行くのがロイズだと、私はわかっているので、味の心配は全くしておりません。

「ナッツなのにこんなに美味しい!」と思わせてくれることを期待しているのです。

 

バーチョコレート

 

割ってみるとこんな感じになっていて、ナッツがゴロゴロ入っているのがわかります。

ちなみに包装に関しては、真ん中にソーセージに着いているような開け口があり、簡単かつキレイに開けられるようになっています。

こういうところの配慮も、ロイズの素晴らしいところです。

 

 

 

それでは早速食べてみたいと思います、、、、、これは美味しい!

語彙力がないので、いつも美味しいとしか言いませんが、本当に美味しいのです。

「絶対に間違いない味」に加え、想像の上を行く美味しさです。

 

この「想像の上を行く美味しさ」が、何によってもたらされているのかと言うと、他の何でもないチョコレートです。

もう、チョコレートのクオリティが全然違う。

ロイズはカカオの産地、カカオのクオリティについては明言していませんが、

きっと様々な産地で、その商品の味に合うように混ぜ合わせたり、製法も変えたりしているのでしょう(たぶん)

 

ところで日本のチョコレートの味は、海外のそれと比べて、ちょっと変わっていると私は考えていて、

海外のチョコは味が比較的強く、大味なのに比べ、

日本のチョコは味が繊細で、じわっとした味わいだと思うのです。

 

私が思うロイズのチョコレートの味は、普段から食べる日本のチョコレートの味を、更にブラッシュアップし、底上げした感じなのです。

これがロイズの美味しさの秘密で、

普段から食べ慣れている味を更に美味しくしたから美味しく感じるのだと、私は思っています。

 

 

 

チョコレートの味を、言葉で伝えるのは難しいと感じます。

というのは、チョコレートはコーヒーのように、カカオの種類によって複雑な香味を出すうえ、製法によってもまた味が変わってくるからです。

ある人がそのチョコレートに、ベリーやナッツを感じる、といったように、

その人が「こうだ」と感じる味わいが、人によってまた変わるので、

私が感じた味わいが、その人に当てはまるものでは決して無いのです。

 

ですが、このロイズチョコレートは伝えやすい。

私達が普段から食べているチョコレートを、さらに美味しくした味わい、と、私自身納得して伝えることが出来るのです。

「余計にわからん」という人もいるかも知れませんね笑。

とにかく美味しいので食べてみてください!

関連情報

トルコ・中東のスイーツ専門店|World Sweets

World Sweets

トルコをはじめ、中東・中央アジア周辺のお菓子をメインに、世界中のスイーツを輸入販売しております。バクラヴァやロクムなど、日本ではまだ取り扱いが少ない海外の伝統菓子は、ご自宅用はもちろん、ギフトなどの贈答用としてもおすすめです。「家庭に現地の風を」を合言葉に、「味」と「感じる」をお届けいたします。是非一度ご賞味ください。

屋号 FAR EAST TRADING
住所 〒066-0066
北海道千歳市大和1-9-17プルミエール203
営業時間 12時~18時
定休日 土・日・祝
代表者名 伊藤
E-mail info@far-east-trading.jp

コメントは受け付けていません。

営業時間 / 12時~18時
定休日 / 土・日・祝